初めての方はこちらからどうぞ

自分の仕事に名前をつけるのは難しい。

いつかふと出会えるのではないかと思い続けて10年がたちました。

そして、ある日出会ったLactiflora(ラクティフローラ)という名前は

Paeonia lactifloraが由来です。Paeonia lactifloraとは シャクヤクのこと。

私がしていることとピッタリな2つの意味があったのです。

セルフケアを大切にする思い

シャクヤクは日本でも中国でもヨーロッパでも薬として使われる大切な植物です。漢方にも使われています。

 

In Greek mythology, Paeon was a disciple of the god of medicine.
ギリシャ神話では シャクヤクの名前の由来となったPaeonは薬の神様として現れます。

 

ギリシャの医聖 ヒポクラテスは自然治癒力を重んじています。
「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」
「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」
「病気は食事療法と運動によって治療できる」
「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」
「人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている」

 

Lactifloraも、自分の体は自分で整える、セルフケアの大切さをお伝えしています。子供のころ、ギリシャ神話に夢中になっていた時から、この名前とつながっていたのかもしれません。

姿勢美で美しく輝く人生

立てばシャクヤク
座ればボタン
歩く姿はユリの花

というように

シャクヤクは姿勢の美しい女性をイメージさせる花です。

 

また、lactiflora は「乳白色の花」という意味。

今までの無意識に身についた癖を一つ一つ取りのぞいていき、本当の自分、真っ白な自分にしていきます。

 

取り戻した自分=真っ白な花 を好きな色に染めていく。
そんなイメージで名前をつけました。